予防するには -顔のしわ@徹底解剖-


予防するには


いわゆる「お肌の曲がり角」と呼ばれるのは、概ね25歳前後。この頃から、肌の変化に気づき戸惑い始める女性が多いようです。しかし、20代のうちから将来的な肌対策を見据えて、万全に予防を心がけてきた人と、そうでない人には、ここからの変化に大きな差が見られます。今からならまだ間に合うという方は、ぜひ10年後の肌のために十分なケアをしてあげてください。

しわの予防には、基本的なスキンケア対策を怠らないことが最も大切です。たとえば、紫外線はしわの原因になるだけでなく、皮膚の下に潜んで数年後にシミとして現れます。若いうちには日焼けを気にせずに、むしろ肌を焼くことを目的に海水浴を楽しんだりするものですが、女性として肌のケアを考えると、日焼けは厳禁と言わざるを得ません。夏の強い陽射しだけでなく、曇りの日や春秋などにも思った以上に紫外線は強いものです。帽子や日焼け止め化粧品など、紫外線対策はしすぎて損ということはありません。

また、乾燥は、目元口元の小じわやの元になったり、肌の弾力を低下させ年齢じわの原因になったりと、最も身近な肌の大敵です。洗顔後に少し油断していると、肌の水分はあっという間に奪われていきます。すぐに化粧水、乳液等で保湿を心掛け、またエアコン等による日々の乾燥にも気を配りましょう。また、日常ではストレスや栄養の偏りに注意するなど、当たり前とも言える健康管理が結局肌にも大きな影響を与えることを知っておくことです。つまりは、日々の基礎的なスキンケアと健康的な生活を心掛ける、これが10年後も美しい肌を保つ秘訣なのです。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ


   ★ しわのでき始める年代
   ★ 予防するには
   ★ 対策@化粧水ケア編
   ★ 対策Bエステ・美容外科編