部分別しわのケア方法 -顔のしわ@徹底解剖-


部分別しわのケア方法


一口にしわと言っても、実はその原因とできる場所によって、その性質も微妙に違ってきます。一度できてしまったしわは、なかった頃に戻すことは難しいですが、それでもできる限りのケアをしてあげることで、進行を遅らせたり目立たなくさせたりすることは可能です。しわができる部分ごとに、それにあった適切なケアを覚えておくとよいですね。

目元は、顔の中でも皮膚の厚みが薄く、また筋肉の動きが意外に激しいため、水分が奪われ乾燥が起こりやすい部分です。俗にカラスの足跡と言われる、笑った時の目尻の細かいしわや、縮緬じわと呼ばれる目の下にできる小じわなど、いわゆる乾燥じわができやすい場所なのです。そのため、目の周辺には十分な保湿を意識し、化粧水や乳液、クリーム等で水分補充と乾燥防止を施してあげるとよいでしょう。また、マッサージで新陳代謝を促進することも効果的ですが、皮膚が薄いため誤った方法を続けると逆効果の場合もあります。

口元や眉間、額にはっきりと出てしまうしわは、いわゆる加齢じわです。年齢を重ねることで新陳代謝が低下し、またコラーゲン層が破壊され減少したために、皮膚のハリ、弾力が失われ、くぼんだ肌を押し戻すことができなくなって刻みつけられたものです。目元や額など、筋肉の動きが多い場所については、日頃から特にしわ対策を意識しておく必要があります。十分な保湿や紫外線対策は基本ですが、しわの元となる表情を、あまりに頻繁に作らないようにすることも意外なポイントです。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ


   ★ しわのでき始める年代
   ★ 予防するには
   ★ 対策@化粧水ケア編
   ★ 対策Bエステ・美容外科編